2003年 利尻・礼文・美瑛の旅
 家内が北海道に行ったことがないというので、今年の夏は北海道へということになり、早速いろんなパンフレットを集めてきましたが、時期的に7月が、ラベンダーや花がきれいということで「赤い風船」の「最北の青い海に浮かぶ花の島」利尻・礼文5日間というコースに決めました。 早速申し込みにいったのですが、今年は国内旅行は外国のSARS騒ぎのおかげで、満員とのことで、希望の日が取れず、空いている日を探してもらいましたら、デラックス・基本・マル得の3コースがあり、デラックスというコースが満員で、基本コースが空いているので、 それに決めてデラックスはキャンセル待ちにしましたがキャンセルは出なかったです。 日程は7月12日〜16日の4泊5日で、内容は7月12日は稚内、13日は礼文、14日は旭川、15日は札幌でした。
 名古屋空港集合は朝7時でしたのでタクシーを予約して行きましたが、土曜日というので道路が空いていて20分位でつきました。 初日は名古屋8時発新千歳行きJAL851便この飛行機は窓側2列の真ん中3列の割合ゆったりした飛行機で割りに快適でした。
このツアーは全国募集とのことで、各地の方が集まりバスで回るとのことで、早く空港に着いた組は千歳空港の近くの「ノーザンホースパーク」で 昼食をかねたお遊びでした。昼からは稚内を目指し約400キロのバスの旅でした。 途中サロベツ原野によりましたが午後6時ころで見学時間もあまりなく原野を満喫とまでは行かなかったです。
2日目は朝から利尻行きの船の旅で約2時間ついてから島内めぐりで昼は「うに丼」で午後からは礼文までの約1時間船旅で礼文島めぐりで礼文島泊まりでとにかく忙しい日程でした。
3日目は朝から船で約2時間で稚内に戻りノシャップ岬、宗谷岬、ベニヤ原生花園を見て旭川泊まり夜は旭川ラーメン。
4日目は拓真館、四季彩の岡、ファーム富田(ラベンダー)、札幌泊まり
5日目は札幌の散策から午後3時半名古屋へ「ANN710便」でしたが座席が左右3列でちょっと狭かったです。  今回の旅行でのバスと船の走行距離は約1000キロでしたが、やはりじっくり見て回るには、自分で見て回らないとだめだということがわかりました。 花も期待したのですが、バスの中からガイドさんが説明するのですが、ある程度は知識のある方でしたら言われればわかるのですが、あまり知らない方はどの花かわからなかったと思います。 稚内の夜明けは朝3時頃には白々としてさすが北の夜明けは早かったです、ちなみに名古屋は5時ごろにならないと明るくなりません。 私も最後に北大植物園でゆっくり見ることができたので、よかったと思っています、今回の旅行での写真の撮影は2000枚を予定したのですが1500枚しか写せませんでした。

名古屋〜新千歳〜稚内へ
利尻島〜礼文島
宗谷〜旭川
美瑛〜札幌
札幌市内散策〜名古屋


稚内グランドホテル
花れぶん
ホテルクレッセント旭川
札幌グランドホテル