2010年8月・蓼科

長野県中部、山梨県境にそびえる、標高 2,500〜2,800m の峰が連なる八ヶ岳の西麓、 茅野 (ちの) 市の北部に広がる、 標高 900m 〜 1,800m の 低山〜亜高山地帯 に広がる高原です。 気象は太平洋側のそれに近く、内陸である事と標高が高いため湿度が低く、 夏季は冷涼で、本州の代表的な避暑地、保養地として親しまれています。 冬は内陸である事とその標高から -15度前後まで気温がさがる事もあり、量は豪雪地ほど多くないながら、 非常に軽い良 質の雪となるため、スキー、スケートなどのウィンタースポーツに好適です。 最近では、スノーシューや、テレマークスキーなどに取り組まれている方も増えつつあるようです。 また、八ヶ岳登山のベースとして利用される方や、その標高、環境から、 豊富な山野草、野鳥をはじめとする野性生物、自然観察やスケッチ、 自然写真などを楽しむ方も多くおられます。

蓼科観光案内のホームページです。 http://kk.tateshina.ne.jp/

●ピラタス蓼科ロープウエイ

ピラタス蓼科ロープウエイは、長野県のほぼ中央に位置する八ヶ岳連峰にあります、この八ヶ岳の中でも比較的穏やかな山容と  言われる北八ヶ岳エリアに位置し、北横岳(標高2472m)と縞枯山(標高2403m)の鞍部(あんぶ)[山と山の間、くぼんで  いる場所]にかかるロープウエイです。  出発する山麓(さんろく)駅の標高は1771m、向かう先、山頂駅の標高は2237m標高差466m・総延長2215mを結  んでおります、100人乗りロープウエイは通年運行しており、夏期は観光や登山・ハイキングのお客様、冬季はスキー・  スノーボードのお客様で賑わっており、四季を通じて多くのお客様に親しんて頂いております。

●蓼科高原 バラクラ イングリッシュ ガーデン
 


 ようこそ、人と自然の心地よい世界へ!!  創園されたのは1990年の初夏。約1万平方メートルのスケールの地に、オーナーであるケイ山田の統一デザインのもと、設計から石工、ガーデナーまで庭園の全て、英国人専門家による日本初の本格的英国式庭園です。英国の庭は、花々のやさしい色と香り、そして蝶や蜂が飛び交い鳥が唄い、地上の天国のような心地よい癒しの空間です。
テーマガーデン:エントランス・レースガーデン・バラのパーゴラ・パビリオン・メドウ・神様のくださった庭・ブルーガーデン・睡蓮の池・ハーブ・ガーデン
ガーデン内の主な施設:プランツ・センター、ガーデン・センター、フードコート、バラ色の暮しブティック、オランジェリー・ギャラリー、リストランテ ジャルディーノ、バラクラ カフェ


●美ヶ原高原美術館

長野県の中央、八ヶ岳中信高原国定公園の北東部に位置し、北アルプスをはじめとする雄大な山並など360度の眺望と200種類以上にも及ぶ高山植物が魅力の日本一美しい高原といわれています。美ヶ原高原美術館はその地の一角に、1981年6月、箱根・彫刻の森美術館の姉妹館として開館しました。緑あふれる草原の屋外展示場に現代彫刻を中心に常設展示する、ユニークでスケールの大きい野外彫刻美術館です。 標高約2,000メートルの牛伏山の東側斜面に広がる広大な敷地に、およそ350点の現代彫刻が常設展示されている、贅沢な展示場。光も風も刻々と姿を変える大自然の中で、彫刻たちは一瞬一瞬、新しい表情をみせてくれます。思い思いの楽しみ方をみつけられる自由な空間。春から秋にかけてレンゲツツジ、ハクサンフウロ、マツムシソウなどが咲き、屋外展示場一帯が高山植物の宝庫となります。 美ヶ原高原全体ではおよそ200種類もの高山植物が咲き競うといわれています。 約2,000メートルの牛伏山の東側斜面に広がる広大な敷地に、およそ350点の現代彫刻が常設展示されている、贅沢な展示場。光も風も刻々と姿を変える大自然の中で、彫刻たちは一瞬一瞬、新しい表情をみせてくれます。思い思いの楽しみ方をみつけられる自由な空間。春から秋にかけてレンゲツツジ、ハクサンフウロ、マツムシソウなどが咲き、屋外展示場一帯が高山植物の宝庫となります。 美ヶ原高原全体ではおよそ200種類もの高山植物が咲き競うといわれています。

●北澤美術館 

☆本館 諏訪湖畔に建つ諏訪北澤美術館は、切妻の三角屋根にクリーム色のタイル外壁が山荘風の雰囲気を感じさせる建物です。展示室は1階と2階にわかれています。 エントランスホールに面したブロンズの扉を押し開けると、オレンジ色の光を放つエミール・ガレの代表作「ひとよ茸ランプ」(高さ83センチ)があり、そこから壁沿いに設けられた展示ケースを一巡してガラス工芸を見ることになります。照明を落とした暗がりの中に、作品だけがスポットライトの光に浮かび上がる展示手法をとっています。ガレの作品を中心として常時40点前後が展示されています。 2階へ上がると明るく開放的な空間に現代日本画が並べられています。常時30点が展示され、季節に合わせて一部展示替があります。

☆新館 2010年3月20日(土)〜2010年10月26日(火) 生誕150年記念 北澤美術館ルネ・ラリック コレクション展 アール・デコの傑作から日常を彩るテーブル・アートまで ガレとドーム、アール・ヌーヴォーのガラス美術館として知られる北澤美術館は、アール・デコの巨匠ルネ・ラリック(1860−1945)のガラス工芸においても世界有数のコレクションを有しています。この度ルネ・ラリックの生誕150年を記念して、収蔵品を一堂に展観する企画展を開催いたします。 ルネ・ラリックは1860年シャンパーニュー地方のアイに生まれ、ジュエリー製作者として1900年パリ万国博覧会で大成功を収めました。1910年代初頭にガラス工芸に転向し、鋳型を利用した透明ガラス作品で、当時の人々の心を捉えました。  20世紀の新時代を迎えたヨーロッパでは、機械文明を称賛する新しい様式「アール・デコ」が誕生しつつありました。ラリックは芸術性の高いガラス製品を工場による量産を通じて広く普及させ、アール・デコのパイオニアとして見事成功を収めます。1925年にパリで開催された「アール・デコ博覧会」では、自社パヴィリオンや高さ15メートルにおよぶガラス製の野外噴水を出品し、名実ともにフランスを代表するガラス工芸家として国際的な脚光を浴びます。  本展では、当館所蔵の代表作約150点により、ガラス工芸家ラリックの全容をご紹介します。 また、オリジナルのグラス・セットを使用したテーブル・セッティングやカーマスコットを展示いたします。常に時代の先端を駆け抜けたモダンで親しみ溢れるラリックの世界を、お楽しみください。


●蓼科グランドホテル 滝の湯

住所 〒391-0393 長野県茅野市蓼科温泉 TEL. 0266-67-2525  蓼科温泉は信玄の隠し湯として知られ、古くから湯治に利用されており、渓流を眺めながら入浴できる信玄野天風呂が何よりの自慢です。ホテル滝の湯本館には豪快に流れ落ちる湯の滝が見える「庭園大浴場」と、名湯を独占できる貸切露天風呂もあり、 信玄野天風呂とあわせて温泉三昧がお楽しみいただけます。 ホテル滝の湯本館には豪快に流れ落ちる湯の滝が見える「庭園大浴場」と、名湯を独占できる貸切露天風呂もあり、 信玄野天風呂とあわせて温泉三昧がお楽しみいただけます。






☆08月29日:ピラタス蓼科ロープウエイ〜蓼科高原・バラクラ イングリッシュ ガーデン=蓼科滝の湯
☆08月30日:蓼科〜霧ヶ峰高原〜美ヶ原高原美術館〜北沢美術館&新館

今年はいつまでも暑くて久しぶりに涼しい蓼科にでも行って温泉につかろうということで早速ネットで調べましたてちょうど8月29と30日と部屋が空いていたので予約をしました。 子供が小さい頃は毎年夏に出かけていたのですが10年前に娘と来たことが以来でした。 当日は相変わらずの暑さでしたが高速土日割引が始まって初めての自家用車での出掛で車が混むかちょっと心配でしたが、どうも日曜のせいか近場にでかける人が多くて中津川までは結構混んでいましたが恵那山トンネルを超えると車も少なく順調にいくことが出来ました。

08月29日
08月29日
08月30日
08月30日
ピラタスロープウエイ
バラクラガーデン
白樺湖〜霧ヶ峰高原
美ヶ原高原美術館
08月30日
08月29〜30日
未定
未定
北澤美術館
蓼科・滝の湯
未定
未定